thinking

【すぐわかる】創造力の意味とは!?鍛え方までわかりやすく簡単に解説!

創造力はビジネスシーンでも非常に重要視されています。実際に、経済産業省でも創造性を発揮するための環境整備として創造性人材の育成支援が行われています。

バシバシと他の人が思いつかないような斬新なアイデアを思いつけたら嬉しいですよね。

今回は、創造力についてわかりやすく簡単に解説します!

ポイント

  • 創造力の意味がわかる
  • 創造力の鍛え方がわかる

創造力とは?

創造力とは、新しいアイデアや物事を生み出す力のことです。

これは、今までにないものを考えたり、既存のものを組み合わせて新しい価値を生み出したりする能力のことを指します。

創造力は芸術やデザインだけでなく、科学やビジネスなどあらゆる分野で重要視されています。

創造力の言い換え

Advertisements

創造力と似たような意味の言葉には、次のようなものがあります。

  • 独創性:作り出されたモノが他にない特徴があること
  • クリエイティビティ:創造性。考えたアイデアをカタチにすること
  • インスピレーション:急にアイデアが思い浮かぶこと

創造力と想像力の違い

創造力と想像力はよく間違えられることが多いです。

読み方は同じ「そうぞうりょく」ですが、この2つの言葉は異なる意味を持っています。

想像力は心の中でイメージを作り出す力ですが、創造力はその一歩進んで実際に新しいものを生み出す力です

想像力は創造力の土台となりますが、創造力はそれを現実のものにする力を意味しています。

創造力は仕事でどう活きる?

 創造力あれば、仕事をする上で大きな武器となります。

創造力を活かすことで、仕事の質や成果を向上させることができます

例えば、マーケティングの仕事では創造力を使って、効果的な広告キャンペーンを考えたりします。エンジニアの仕事では、新しいソフトウェアの機能やアルゴリズムを考え出したりします。

アイデア提案を行っていくことで、自分のキャリアアップにもつながります。

創造力のベースとなる考え方

創造力を発揮するには、多角的に物事を考えられるようにならないといけません

要は、1つだけの視点だけでなく複数の視点から物事を考えられることであり、これは俯瞰して考えるとも言います。

俯瞰して考えるについてはこちらの記事でまとめています。

thinking

【鳥瞰と同義!?】俯瞰して考えるとは?徹底解説!

俯瞰して考えることは、基本的な社会人のビジネススキルとしても重要とされています。しかし、急に俯瞰して考えろと言われてもそもそもイメージできないし実行できないといった状態に陥ってしまいます。 俯瞰して考 ...

創造力を鍛えるには?

創造力を鍛えるには、様々な方法があります。

いろんな経験を積む

いろんな経験は、新しいアイデアを生み出すための源になります。

そのため、新しい環境や文化に触れる、新しい趣味を始める、新しい本を読むなど、多様な経験を積むことが大切です。

アウトプットに慣れる

いろんな知識をインプットするだけでなく、アウトプットすることが大事です。

SNS投稿、絵や音楽の制作などアウトプットし続けることで徐々に創造力は豊かになります。

問題の解決策を考える

実際に問題に直面し、解決策を考えることで創造力を鍛えることもできます。

Yahoo!知恵袋や様々なニーズ・お困りごとが掲載されているサイトがあるので、それを見て解決策を考えるものオススメです。

健康に気をつける

これは創造力を鍛えることに繋がるわけではないですが、睡眠不足など健康状態が悪いと創造力は悪化します。

創造力を悪化させないためにも、健康な状態を維持しましょう。

まとめ

今回は、創造力についてまとめました。

創造力は、新しいものを生み出すための重要な力です。想像力とは異なり、実際に形にする力を意味しています。

新しい挑戦・経験を積極的に取り組んで創造力を高めていきましょう。

MetaThinkingではメタシンキングを通じて、

  • イノベーションで溢れる世界を実現する
  • 多幸感溢れる人間社会を実現する

を目指しています。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Advertisements

-thinking
-