thinking

【マジでやばい!?】俯瞰力のない人の特徴とデメリット

2024年3月18日

俯瞰力はビジネスシーンにおいてのみならず、根本的な思考能力として日常のさまざまなシーンで非常に重要視されています

俯瞰力があるに越したことはないですが、俯瞰力がない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は、俯瞰力のない人の特徴とデメリットについて解説します。

ポイント

  • 俯瞰力のない人の特徴がわかる
  • 俯瞰力がないことのデメリットがわかる

俯瞰力とは?

俯瞰力とは「俯瞰して考える力」、すなわち物事を広い視野で見る能力のことです。

全体像を把握し、長期的な視野で柔軟的に考えることができます。

俯瞰力がない人の特徴

Advertisements

俯瞰力がない人には次のような特徴があります。

細かいことにとらわれすぎる

俯瞰力がない人は、細かい部分にこだわりすぎて体像を見失いがちです。

細かいことに過度に集中することで、多くの時間を費やしたのにも関わらず、間違った方向に進んでしまっていることがあります。

計画の見積もりが甘い

俯瞰力がない人は、プロジェクトなどの計画を甘く見積もることがあります。

プロジェクトの全体像をとらえきれていないので、予想できていないタスクが多くなり、想定外のことにリソースを費やしてしまう問題が起こりやすくなります。

柔軟性がない

俯瞰力がない人は、視野が広くないので柔軟性に欠けるときがあります。

新しいアイデアや変化に対する適応力が低く、固定観念にとらわれやすくなります。

目標を見失いがち

俯瞰力がない人は、目標や方向性を見失いがちです。

細かい作業に集中してしまい、本来の目的を見失ってしまうことがあります。

よくあることですが、やっているうちに手段が目的になってしまうということですね。

判断力が劣る

俯瞰力がない人は、狭い視野で考えている中から判断するので判断力に劣ることがあります。

情報が不十分な状態で判断してしまい、誤った結論を導くことがあります。

人との共同作業が苦手

俯瞰力がない人は、視野が狭く相手の視点に立って考えるのが苦手なので、チームやグループでの共同作業を苦手とすることがあります

他の人の意見を理解し、調整する能力が不足しています。

俯瞰力がないデメリット

俯瞰力がない人の特徴からもわかりますが、俯瞰力がないとさまざまなデメリットがあります

失敗のリスクが上がる

全体観を意識せずに行動するため、予想外の問題が起こりやすくなります

想定外のことに対処することが多くなり、失敗する可能性が上がります。

感情的になりやすくなる

俯瞰力がない人は、視野が狭く自分に意識が向きやすいので、感情的になりやすい傾向があります

感情のコントロールがうまくなく、冷静な判断ができなくなることがあります。

人と対立しやすくなる

自分にしか意識が向かいないことで、自己中心的な行動をとってしまうことがあります

それをきっかけに他の人と対立が生まれ、人間関係が悪くなることがあります。

俯瞰力を養うには?

俯瞰力を養うためには、例えば次のような方法があります。

  • ニュースなどを見て、情報を整理し、出来事の全体像を把握する練習をする
  • 毎日自分の振り返りをすることで、客観的に自分を捉える
  • 新しいことに果敢に挑戦することで、視野を広げる

俯瞰して考えることについては、こちらの記事でより詳しくまとめています。

thinking

【鳥瞰と同義!?】俯瞰して考えるとは?徹底解説!

俯瞰して考えることは、基本的な社会人のビジネススキルとしても重要とされています。しかし、急に俯瞰して考えろと言われてもそもそもイメージできないし実行できないといった状態に陥ってしまいます。 俯瞰して考 ...

まとめ

今回は、俯瞰力のない人の特徴とデメリットについてまとめました。

俯瞰力がないと全体観を捉えられなくなったり、相手の視点に立って考えることが困難になります。

俯瞰力がある人の特徴については、こちらの記事でまとめています。

thinking

【最強の強み!?】俯瞰力のある人の特徴をわかりやすく解説!

2024/3/4    

俯瞰力は、自分がする選択や判断の仕方に大きな影響を与え、ビジネスシーンにおいても大切とされているスキルです。 俯瞰力がある人には、どういった特徴があるのでしょうか。 今回は、俯瞰力のある人の特徴につい ...

MetaThinkingではメタシンキングを通じて、

  • イノベーションで溢れる世界を実現する
  • 多幸感溢れる人間社会を実現する

を目指しています。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Advertisements

-thinking
-