innovation

【要注意】イノベーションは技術革新ではない!?よくある間違いをわかりやすく解説!

2024年1月13日

イノベーションは社会や経済の持続的な発展に欠かせない重要な概念です。

しかし、日本国内の企業などで用いられている「イノベーション」という言葉の意味はかなり限定的です。そして、その限定的なイノベーションの解釈自体が、本来のイノベーションの可能性を狭めてしまっているように思います。

今回は、イノベーションの意味のよくある間違いついてまとめます。

ポイント

  • イノベーションの意味のよくある間違いがわかる
  • イノベーションの本当の意味がわかる

イノベーションの意味の誤解

「イノベーション」と聞くと、新しいテクノロジーを思い浮かべる人が多いかもしれません。

たしかに、メディアでよく取り上げられるイノベーションはAppleのiPhoneであったり、Teslaの電気自動車であったり、Uberの配車サービスであったり最新のテクノロジーを使ったものです。

そして、イノベーションの日本語訳は「技術革新」とされています。これも相まって、イノベーションは新しい技術開発をすることだと思っている人がかなりいます。つまり、イノベーションはエンジニア・技術者たちがする仕事(開発業務)という解釈なっているのです。

しかし、実はイノベーションは単に新しい技術を生み出すことだけではありません。それよりも、新しい価値や考え方を生み出し市場に導入することが本来の意味です。これこそがイノベーションです。イノベーションとは、技術者だけでなく企業に所属する人全員に関わることなのです。

イノベーションの意味についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

innovation

【技術革新!?】イノベーションとは!?わかりやすく徹底解説!

2024/2/19    

「日本から全然イノベーションが生まれていない」とか「シリコンバレーのイノベーションが世界を変える」とか、「イノベーション」という言葉をニュースや会社などでよく聞くと思います。今やイノベーションは知って ...

まだ世の中に存在してない0から1を生み出すことではない

Advertisements

実際イノベーションは、ゼロからイチを生み出すことではありません。むしろ、既存のものを改善し、新しい視点や方法を取り入れることが重要です。

例えば、新しいアプリケーションを作ってそれが既存のものと同じような場合でも、使いやすくするための改善や新しい機能を追加することで世の中に新たな価値提供ができたなら、それはイノベーションの一環なのです。

要は、すでにある遠い知識と遠い知識を結び付けて、新たな価値を作ることができればそれはイノベーションなのです

イノベーションを促進するために

今回紹介したイノベーションの考え方の誤りである次の2点はしっかりおさえてください。

  • イノベーションは技術開発することだけではない
  • イノベーションは既存の遠い知と遠い知を結び付けて新たな価値を作り出すこと

そのうえでイノベーションを促進するためには、柔軟性や創造性が必要です。新しいアイデアを受け入れ、試してみることが大切です。また、失敗を恐れずに挑戦することも重要です。失敗から学び、それを次に活かすことで、より良いイノベーションが生まれます。

まとめ

今回はイノベーションの意味のよくある間違いについてまとめました。

イノベーションは、単に新しい技術を生み出すことだけではありません。既存のものを改善し、新しい価値や考え方を生み出すことが重要です。柔軟性や創造性を持ち、失敗を恐れずに挑戦することで、より良いイノベーションが生まれるでしょう。

MetaThinkingではメタシンキングを通じて、

  • イノベーションで溢れる世界を実現する
  • 多幸感溢れる人間社会を実現する

を目指しています。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Advertisements

-innovation
-