thinking

【1分でわかる】「大局的に見る」の意味をわかりやすく簡単に解説!

「大局的に見る」という表現は日常的に頻繁に聞く言葉ではないですが、ニュースなどでたまに聞くことはあるのではないでしょうか。

聞きなれないのでスルーしがちですが、実はこの大局的に見る」という言葉にはとても大切な考え方が潜んでいます

Advertisements

今回は、「大局的に見る」の意味をわかりやすく簡単に解説します。

ポイント

  • 「大局的に見る」の意味がわかる
  • 大局的に見る方法がわかる

「大局的に見る」の意味とは?

「大局的」の意味は?

まずは、「大局」の意味を辞書で見てみましょう。

  1. 物事の全体のありさまや、成り行き。大勢。
  2. 囲碁で、部分でなく大づかみにみた勝負の局面。
https://dictionary.goo.ne.jp/

「大局的に見る」という言い方で使われるのは、もちろん1の意味です。

大局的というのは、物事を全体的に見渡す様子のことをいいます

「大局的に見る」とは?

そして、「大局的に見る」という言葉は、物事の細かい部分的なことではなく全体を理解しようとすることを表します。

ある物事の全体のありさまを見て大きな視点で考えることで、個々の要素の関係性も含めて総合的に考えることができます。

「大局的に見る」の使い方

「大局的に見る」は、ビジネスシーン・政治・教育・日常生活など、さまざまな場面で使用されます

例えば、教育現場では単なるテストの結果や成績だけでなく、生徒たち個々の能力やそれぞれの興味を踏まえて、大局的に見ることが求められます。

「大局的に見る」と同じ意味の言葉

「大局的に見る」と同じ意味で用いられる言葉には、「全体を俯瞰する」「広い視野で見る」といったものがあります。

「俯瞰して考える」については、こちらの記事でくわしく解説しています。

thinking

【鳥瞰と同義!?】俯瞰して考えるとは?徹底解説!

俯瞰して考えることは、基本的な社会人のビジネススキルとしても重要とされています。しかし、急に俯瞰して考えろと言われてもそもそもイメージできないし実行できないといった状態に陥ってしまいます。 俯瞰して考 ...

大局的に見る重要性

大局的に見ることは、以下の理由からとても大切です。

包括的な理解

大局的な視点を持つことで、問題や課題をより包括的に理解することができます

部分的なことだけでなく全体像やその中の関係性を把握し、より深い理解をすることができます。

意思決定の精度

大局的な視点を持つことは、より効果的な意思決定を行うために必要です

長期的な視点や持続可能性を考慮した意思決定をすることができるようになります。

問題解決の効率化

問題解決においても、大局的に見ることは効果的です。

全体像を把握することで問題の根本原因を見つけ出し、それに対するより効果的な解決策を見出すことができます

将来の計画設計

大局的な視点を持つことは、将来の展望を見据える上でも不可欠です

現在の状況だけでなく将来の動向や可能性も考慮することで、長期的な計画や戦略を立てることができます。

人間関係の向上

大局的な視点を持つことは、人間関係の向上にも繋がります

他の人の立場や視点を理解することで、より良いコミュニケーションや協力関係を築くことができます。

大局的に見れるようになるための方法

視点を変える練習をする

ニュースなどを見た時に、いろんな人の立場に立って考えてみましょう。

そのニュースは誰から生まれたものですか?どこまで影響がありますか?

自分を振り返る

自分の考え方を客観的に見つめ直し、振り返りを行うことも大切です。

自分のバイアスなどに気が付くことで、柔軟的に考えることができるようになるでしょう。

いろんな体験をする

いろんな人に会ったり、いろんな体験をすることで自分の世界を広げることができます。

その結果、広い視点で物事を考えられるようになります。

まとめ

今回は、「大局的に見る」の意味を解説しました。

「大局的に見る」とは、全体的な視点で物事を捉えることを指します。

これは、ビジネスや日常生活などあらゆる場面で重要な能力です。大局的な視点を磨いていきましょう。

MetaThinkingではメタシンキングを通じて、

  • イノベーションで溢れる世界を実現する
  • 多幸感溢れる人間社会を実現する

を目指しています。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Advertisements

-thinking
-