thinking

【俯瞰力】視座を高める方法をわかりやすく解説

2024年2月22日

視座を高めることはビジネスシーンなどでまずます重要度が高まっています。普段のコミュニケーションだけでなく、問題解決や意思決定する力に直結すると言っても過言ではありません。

しかし、視座を高くすると言っても実際どのようにすればいいのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、視座を高める方法についてわかりやすく解説していきます。

ポイント

  • 視座の意味がわかる
  • 視座を高める方法がわかる

視座が高いとは?

まず「視座」とは、物事を見る視点や立場のことです。

そして、「視座が高い」とは、ある問題や状況をより広い視野で見れていることを意味します

視座を高めることで、物事の本質や全体像を見抜く力が身につきます。この力を俯瞰力とも言います。

俯瞰についてはこちらの記事で解説しています。

thinking

【鳥瞰と同義!?】俯瞰して考えるとは?徹底解説!

俯瞰して考えることは、基本的な社会人のビジネススキルとしても重要とされています。しかし、急に俯瞰して考えろと言われてもそもそもイメージできないし実行できないといった状態に陥ってしまいます。 俯瞰して考 ...

視座を高めるの使い方

Advertisements

「視座を高める」は、物事をより広い視野や多角的な視点から見ることを言いたいときに使います。

例文①

新しいプロジェクトに取り組む前に、市場動向や競合他社の戦略を十分に調査し、視座を高めることが成功の鍵となります。

例文②

学生たちに対して、異文化理解の重要性を教えるために、国際交流プログラムを通じて視座を高める機会を提供することが必要です。

視座を高めるを言い換えると?

「視座を高める」という言葉を言い換えると、次のような表現があります。

  • 物事を広い視野で見る
  • 物事を俯瞰する
  • 物事を全体的に見る
  • 物事を多角的に見る
  • 物事を鳥瞰する

視座を高めるメリット

視座を高めるメリットは、以下のようなものがあります。

問題解決能力の向上

広い視点で見ることで物事の本質や原因・解決策を見つけやすくなります。

創造力が向上

1つのことでも色んな角度から見ることで、アイデアを生む発想を広げることができます。

柔軟性の向上

物事の見方を切り替えらるので、1つのことに固執せず状況や相手に応じて対応することができます。

自信の向上

自分のこともいろんな視点で見ることができるので、自分の考えや行動に根拠や意味が持てるようになります。

人間関係の対応力の向上

相手の目線に立って物事を考えられるので、相手の気持ちを尊重し共感や信頼を築くことができます。

視座を高めるトレーニング

視座を高めるトレーニングとして、以下のような方法があります。1人からでもすぐできることでまとめてみました。

一日の振り返り

自分の行動や考え方を客観的に見直し、良かった点や改善点を見つけましょう。紙に書き出したりするといいです。

新しい体験をする

新しい経験や挑戦に積極的に取り組むことで、自分の視野を広げることができます。旅行や新しい趣味、異なる文化に触れてみたりするのも効果的です。

視点を意識しながらニュースや本を見る

1つの情報でも、いろいろな人の立場に立って考えてみることで、より一歩踏み込んだ深い理解をすることができます。また、テレビやSNSやネットの記事など複数の情報源を見ることも大切です。情報発信者がどのような立場の人なのかによっても内容が変わってきます。

相関関係を意識しながら映画や漫画を見る

物語には様々なキャラクターがでてきます。それぞれが、どういう立場でどのような立ち回りをしているのかを把握することは視座を高める練習になります。

まとめ

今回は、視座を高める方法についてまとめました。

視座を高めることで、広い視野で物事を見ることができます。すぐに視座が高くなることは難しいですが、繰り返しトレーニングすることで視座を高めることができます。

MetaThinkingではメタシンキングを通じて、

  • イノベーションで溢れる世界を実現する
  • 多幸感溢れる人間社会を実現する

を目指しています。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Advertisements

-thinking
-