thinking

【1分でわかる】思考が深い人の特徴と思考が深くなる考え方

2024年5月15日

思考が深いと言われるような人は身の回りに1人はいるのではないでしょうか。

思考が深い人は、物事の洞察力が高く、さらに人に納得してもらえるように説明する言語化能力も高いです。思考が深い人にはどのような特徴があり、どのような考え方が必要なのでしょうか。

今回は、思考が深い人の特徴と考え方についてまとめます。

ポイント

  • 思考が深い人の特徴がわかる
  • 思考が深くなる考え方がわかる

思考が深いとはどういう意味?

思考が深い」とは、深く考えられることを指します

そして、深く考えられるということは、短絡的に答えやアイデアを出すのではなく、背後にある原因や解決策が及ぼす影響などを多角的に考えられることを言います

多角的に考えるについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

思考が深い例

例えば、環境問題について考えるとします。

単に、「プラスチックごみが増えているので、プラスチックを使わないようにするべきだ」と考えるのは思考が浅い人です。

思考が深い人は、プラスチックごみの発生源や増加背景、プラスチックごみが実際に人や生態系に及ぼしている影響、そして考えられる対策とその短期・長期の影響などについて様々な視点から考えることができます

本当の問題は何なのか、解決策が本当に効果的かをいろんな視点から考えます。

思考が深い人の特徴

Advertisements

思考が深い人には、以下のような特徴があります。

「なぜ?」を考える

思考が深い人は、常に「なぜ?」「どうして?」と問い続けます。物事の表面的な部分だけでなく、その背後にある原因・理由に興味を持ちます。

論理的思考ができる

思考が深い人は、情報を整理し因果関係や物事の構造を理解する力があります。

例えがうまい

思考が深い人は、多角的な視点で抽象的に考えらるので例えるのがうまいです。似たような構造などを例に出してわかりやすく説明します。

他者の意見も尊重する

思考が深い人は自分の意見を持ちながらも、他の人の視点も理解して対話を通じて新たな知見を得ることを大切にします。

反省力が高い

自分の行動や考えを振り返り、過去の経験から学びます。これによって、同じ過ちを繰り返すことが少なくなり成長し続けることができます。

事実と解釈を分けられる

思考が深い人は、何が客観的な事実で何が解釈かをきちんと分けて考えることができます。

情報を鵜呑みにしない

1つの情報源に頼らず、いろんな視点で情報収集を行います。自分のバイアスをできる限り排除し、より客観的な結論を導き出そうとします。

思考が深くなる考え方

思考が深い人になるためには、例えば次のような考え方を取り入れてみると良いです。

メタ認知を養う

自分の思考プロセスを客観的に観察し、どのように考えているかを理解する力を鍛えます。これによって、自分自身の思考の偏りや盲点に気づきやすくなります。

批判的に考える

なにかしら情報をインプットするときに、その信憑性や妥当性を疑う癖をつけるのも良いです。要は、「なぜ?」「どうして?」を考えるということです。

多様な視点を持つ

新しい経験などを通して視野を広くするのもおすすめです。考えらえる視点が増え、さらに深い思考ができるようになります。

いろんなモノを例えてみる

わかりやすい例を考えることは、物事の共通点を把握していないといけないので意外と高度なテクニックです。日常会話の中でも「まるで〇〇のようだ」のように積極的に例えてみてください。

まとめ

今回は、思考が深い人の特徴と考え方についてまとめました。

思考が深い人になるためには、視野を広くして多角的に考えられることが必須です。

日常の中で、この記事で紹介した特徴を意識して考え方を実践することで、より深い思考をできるようになると思います。

MetaThinkingではメタシンキングを通じて、

  • イノベーションで溢れる世界を実現する
  • 多幸感溢れる人間社会を実現する

を目指しています。お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Advertisements

-thinking
-